民謡回帰~遠い海~「吉野の木樵唄」「刈干切唄」

民謡回帰~遠い海~
2020年12月6日(日)[昼夜2回公演]紀尾井小ホール
本條秀太郎(唄・三味線)、木ノ脇道元(フルート)、安江佐和子(パーカッション)、笹沼 樹(チェロ)

梅本佑利:作編曲「吉野の木樵唄」、「刈干切唄」【世界初演】

【プログラムノート】

●「吉野の木樵唄」ー 《絡繰木樵人形》
三味線、唄、フルート、打楽器、チェロのための(2020)

僕は、元々、ここまで大胆な「作曲」をするつもりはありませんでした。
ある時、電車の中で居眠りをしたときに、江戸時代の絡繰人形が山で木樵をしているという変な夢を見ました。すぐに、あ!これだ!と思い、そのイメージを曲にしようと決めました。
誰かが、ギリリリリリリ!とゼンマイを巻くと、木の歯車がカチャカチャと動き始め、絡繰人形は木樵を始めます。やがてゼンマイが切れ始めると、ゆっくりと歯車は減速していき、やがて止まってしまいます。そしたらまた誰かがギリギリゼンマイを巻いて、また動き始める。

日本の音楽において、速度の変化(西洋音楽でいう、accel. や rit.)は頻繁に用いられてきました。そして、こういう日本的なユーモアみたいなものを、新しい音楽で表現しようと思い作曲しました。

不完全でどこか愛らしい、絡繰人形の雰囲気をお楽しみください。

● 「刈干切唄」三味線、フルート、打楽器、チェロのための(2020)

刈干切唄(かりぼしきりうた)は本條秀太郎さんが作曲した作品で、紀尾井ホールで行われる本條秀太郎さんの演奏会のために、三味線ソロとフルート、打楽器、チェロのアンサンブルに作編曲しました。チェロのサーキュラーボウイングとトリルと、シズルシンバルのトレモロは、秋山の斜面に広がる壮大な草原を、フルートはそこに吹く風を描いています。
これを作編曲するにあたって、特に気をつけたことは、秀太郎さんによる三味線の間、拍感、空気感を壊さないことです。そのため、楽譜にどこまで記譜するか、どこまで細かく指示するか等、慎重に作曲する必要がありました。西洋楽器群が各々任意の速さで動いたり、音価が自由であったり、曲の所々で不確定を持つのはそのためです。
また、曲の中に、其々の楽器がピッタリ「揃う」瞬間を作り、幾つかの纏まりを作る事も大切にしました。

梅本佑利