梅本佑利

Yuri Umemoto


梅本佑利 - 2019 © Yuri Umemoto
梅本佑利 - 2019 © Yuri Umemoto

 [ENG]

 

Yuri Umemoto was born in 2002 in Tokyo, Japan.

Started composing at the age of 15.

His works have been performed at important festivals and concerts such as "Born Creative Festival" (Dai Fujikura, Artistic Director, Tokyo Metropolitan Theater), Akiyoshidai’s Summer Contemporary Music Festival and in many other concerts around the world with various ensembles and performers (Tatsuki Narita, Thomas Piercy, Maiko Matsuoka, Mizuki Aita, Norio Sato, Gaku Yamada, Hyun-Mook Lim, Luís Miguel Leite, Guy Whatley and others).

From 2020, he started to administer solo cello works by the cellist Kei Yamazawa.

In 2021, a new opera will be premiered at the Festival in St. Petersburg.

Currently studying under Professor Motoharu Kawashima at the Tokyo College of Music High School.

 

https://yuriumemotojp.jimdo.com(composer website)

https://enc.piano.or.jp/persons/8308 (PTNA Piano Encyclopedia)

http://contemporary-composer.jp/composers/12 (Japan Composer Library Database)

 

[JPN]

 

2002年、東京生まれ。幼少から放送局の合唱団をいくつか経験したのち、15歳から作曲を始める。2018年、秋吉台の夏・現代音楽講習会に参加し、同セミナー公演にて公募作品が初演。その後も作曲活動を重ね、作品はこれまでに、會田瑞樹、佐藤紀雄、杉浦菜々子、成田達輝、山田岳、松岡麻衣子、イム・ヒョンムック、Thomas Piercy、Luís Miguel Leite、Guy Whatley(敬称略)などの著名なソリスト、アンサンブルによって、これまでに日本、アメリカ、ヨーロッパなどの国内外にて初演、再演されている。

2019年には作品が「ボンクリ・フェス」(東京芸術劇場)にて藤倉大(芸術監督)により紹介され、2020年からはチェリストの山澤慧による6年間の無伴奏チェロ作品の連続委嘱プロジェクトをスタート。同年6月に一作目のソロ作品アルバム「Dream Sandwich」をリリース。2020〜21年シーズンは、サンクトペテルブルク(ロシア)にて新作小オペラ《Architect》を世界初演予定。また、国内外のソリスト、アンサンブル、国内のオーケストラによる委嘱・初演などを控えている。

現在、東京音楽大学付属高等学校三年に在学。 作曲を川島素晴に師事。

(2020年7月現在)

https://yuriumemotojp.jimdo.com(作曲家ホームページ)

https://enc.piano.or.jp/persons/8308(ピティナ)

http://contemporary-composer.jp/composers/12(日本現代作曲家ライブラリー)

 

 

 

このページの一部、または全文を フリー百科事典Wikipediaなどの項目に転載、改編掲載することを許可します。