composer

梅本佑利|作曲家

contemporary classical music, based in Japan

About Me

[ENG]

 

Yuri Umemoto was born in 2002 in Tokyo, Japan.

Started composing at the age of 15.

His works have been performed at important festivals and concerts such as "Born Creative Festival" (Dai Fujikura, Artistic Director, Tokyo Metropolitan Theater), Akiyoshidai’s Summer Contemporary Music Festival and in many other concerts around the world with various ensembles and performers (Tatsuki Narita, Thomas Piercy, Maiko Matsuoka, Mizuki Aita, Norio Sato, Gaku Yamada, Hyun-Mook Lim, Luís Miguel Leite, Guy Whatley and others).

From 2020, he started to administer solo cello works by the cellist Kei Yamazawa.

In 2021, a new opera will be premiered at the Festival in St. Petersburg.

Currently studying under Professor Motoharu Kawashima at the Tokyo College of Music High School.

 

https://yuriumemotojp.jimdo.com(composer website)

https://enc.piano.or.jp/persons/8308 (PTNA Piano Encyclopedia)

http://contemporary-composer.jp/composers/12 (Japan Composer Library Database)

 

[JPN]

 

2002年、東京生まれ。幼少から放送局の合唱団をいくつか経験したのち、15歳から作曲を始める。2018年、秋吉台の夏・現代音楽講習会に参加し、同セミナー公演にて公募作品が初演。その後も作曲活動を重ね、作品はこれまでに、會田瑞樹、佐藤紀雄、杉浦菜々子、成田達輝、山田岳、松岡麻衣子、イム・ヒョンムック、Thomas Piercy、Luís Miguel Leite、Guy Whatley(敬称略)などの著名なソリスト、アンサンブルによって、これまでに日本、アメリカ、ヨーロッパなどの国内外にて初演、再演されている。

2019年には作品が「ボンクリ・フェス」(東京芸術劇場)にて藤倉大(芸術監督)により紹介され、2020年からはチェリストの山澤慧による6年間の無伴奏チェロ作品の連続委嘱プロジェクトをスタート。同年6月に一作目のソロ作品アルバム「Dream Sandwich」をリリース。2020〜21年シーズンは、サンクトペテルブルク(ロシア)にて新作小オペラ《Architect》を世界初演予定。また、国内外のソリスト、アンサンブル、国内のオーケストラによる委嘱・初演などを控えている。

現在、東京音楽大学付属高等学校三年に在学。 作曲を川島素晴に師事。

(2020年7月現在)

https://yuriumemotojp.jimdo.com(作曲家ホームページ)

https://enc.piano.or.jp/persons/8308(ピティナ)

http://contemporary-composer.jp/composers/12(日本現代作曲家ライブラリー)

 


Works


concerts


Online Shop

Scores (PDF) and Albums


VIDEOs



discography


Spotify



News

『Hakuju New Style Live ~ バッハとコンテンポラリーの融合』 7月28日(火)Hakuju Hallにて開催決定!

続きを読む 0 コメント

東京芸術劇場 藤倉大芸術監督のBorn Creative Festival ボンクリ・フェス 曲目が発表されました

https://www.borncreativefestival.com/atriumconcert
https://www.borncreativefestival.com/atriumconcert
続きを読む 0 コメント

〜これだ!と思った作品が梅本佑利さんのギター作品。聴いてみると、梅本さんは現在高校生!

たまたまこれだ!と思った作品がギター作品だったので、これは佐藤紀雄さんに弾いていただこう、と佐藤紀雄さんを僕が説得して(まるで僕が梅本さんのマネージャーのように!)弾いていただける事になりました〜


- 藤倉大(作曲家)(ボンクリの選曲コメント)



"始まってすぐに、この曲の音の世界での音の必然性の文脈に、聴く人を引っ張り込む。何かを避けているとか、何かをデフォルメしているという20世紀的中盤的な前世代の音をタブーにして回避する作曲法イデオロギー的な作り方ではなく、20世紀末から21世紀初頭の、いろいろな音楽の記憶をつぎはぎする多様式やコラージュでもなく、20世紀の技法、奏法を全部私はマスターしました的な技法カタログ開陳意識からも自由。

彼の中で溶け合い新しい個性の音楽の身振りになっている"


- 近藤浩平(作曲家)