梅本佑利(うめもとゆうり)

 

作曲家。2002年、東京生まれ。2018年にデビュー。国内外の現代音楽を牽引する著名な演奏家と共に精力的な音楽活動を行い、西洋音楽に日本のサブカルチャーを吸収したこれまでにない表現活動を展開している。作曲家、山根明季子との共同制作によるオーケストラ作品「Oo./x」の発表や、グラフィックアーティスト、Lee Kan Kyoとの共同制作、ヤマハ株式会社との共同開発による新作の発表など、コラボレーションにも積極的である。

これまでの発表・出演歴に、ボンクリフェス(東京芸術劇場)、BBCプロムス・ヤングコンポーザー(英国放送協会)、Endless Imaginary(ライゾマティクス)、Tokyo Music Evening Yube(豊島区)、仙台クラシックフェスティバル、東京・春・音楽祭、神奈川県立音楽堂・ワークインプログレスなど。2022年には初の個展「電話音楽」を東京で開催した。 

東京音楽大学付属高等学校を経て、現在、愛知県立芸術大学(作曲)に在学。(2022年9月現在)