Different Times for any instruments (for remote multi-track recording or live concert performance)

version 1 (4 players)


This piece of music was commissioned by Ensemble Free and was composed amidst the COVID-19 pandemic.

When it comes to remote performances, some may think of editing, rewriting, and clicking a few buttons. Perhaps some may prefer live concerts, but not this time. Remote performances give us the chance for musicians to NOT listen to one another. Performance time and musical sense. Each performer has a kind of their own. These little differences that occur are what makes the music unique. That’s why they don’t play in sync or look at the conductor.

These discrepancies in music has always been an interesting element. Vocal choirs and minimalistic music may display it obviously, however it can also show through unison. The musicians' distinct style, voice, volume, instrument, timing… all these elements are different across each performer. These all combine to create an indescribable acoustic in an environment where listening to one another is the main key.

However, in current circumstances remote work has become the norm. The difficulty to find time altogether and share music in the same environment is higher than ever. In this remote performance, you will see that same piece of music is being played, however the style is solely up to the musician. They will have no influence on or from others. An unexpected and harmonious gap is born.

Yuri Umemoto

(This piece was composed so that it could be performed remotely. In a normal performance, it is inevitable that performers listen to one another, therefore there is no way the musician will not be influenced. If this was to be performed on a stage, the musicians will be required to wear ear plugs.)

今回の作品はアンサンブル・フリーに委嘱され、新型コロナウイルスによるパンデミックの中、リモートワーク演奏のために作曲された。

遠隔での多重録音といえば、普通は上書きか、クリックを聴きながらというものしかない。「だったら結局生の方がいい演奏になるやん!」って話で、それは絶対に嫌。でも逆に、このリモートという環境だと、アンサンブルなのに「お互いに聴き合わない」というものが可能になる。奏者の時間、音の感覚。それぞれみんな違う感覚を持っている。その一人一人の違い、「ズレ」を聴かせることができる。だから絶対に、同時に聴きながら、とか、見ながらとか、指揮者とかには合わせない。

音楽において、「ズレ」というのは重要な、興味深い音楽の要素として、常にあり続けた。それは多声部の音楽やミニマル音楽ではもちろんのことだが、例えば、ユニゾンであったとしても、合奏という演奏形態によって、各々の発声、声質、楽器、タイミング…などそれぞれによる、僅かなズレの集積によって、形容し難い空間としての音響が生まれる。また、それらは、同じ空間で「お互いに聴きあう」という演奏によって生まれるものであった。

しかし今回は、リモートワーク。この遠隔の環境で、無理やりその場に同じ時間を共有することはない。その理由は前述した通りだ。

奏者は全く同じ楽譜の上で演奏するが、各々が好きなテンポで、好きな音を選択し、全くバラバラに演奏をする。誰かの音を共有するわけでもなく、受け取ることもないわけだから、全く予想だにしない、総合的な「ズレ」の音楽が生まれる。

梅本佑利

(また、この曲は演奏会形式としても成立するように作曲した。通常通りの形態で演奏した場合には、必然的に周りの音楽を聴きながら演奏するため、無意識的にも意識的にも音に反映されるだろう。それだと、いままでのアンサンブルとほぼ変わりがなくなってしまう。なので、コンサートで演奏する場合は、時間を共有しないで演奏する方法として、耳栓を使用する。)