Sensus (2019) for viola and video + live electronics

I’ve always wanted to write a work with a concept treating “sight” and “hearing” equally. This time, a collaboration with programmer Kōsaku Namikawa was realized, and I will compose with the concept. The relationship between video and music could be classified simply into four patterns. 1. Video assists music. As an introductory image to the sounds, an abstract video is shown accompanying the sounds. 2. Music assists video. As an introductory music to image, an abstract music is played along with the video. 3. Video becomes part of music. Sounds can be imagined by images and the interaction of the sounds. 4. Music becomes part of video. Videos can be imagined by sounds and the interaction of the images. Those patterns will be done in the order, but the order will be switched, finally all patterns will be mixed.


Yuri Umemoto


僕は、ずっと前から、「視覚」と「聴覚」が同等に扱われる曲を書きたいと思っていました。今回、プログラマーの浪川洪作さんとのコラボが実現し、そのコンセプトで作曲することになりました。 映像と音楽の関係については簡単に4つのパターンに分類することができました。 1.映像を音楽の補助となる。 音への導入的映像として、音に付随して抽象的な映像を上映する。 2.音楽を映像の補助となる。 映像への導入的音楽として、映像に付随して抽象的な音楽を流す。 3.映像が音楽の一部になる。 映像でもって音を想像させたり、音の掛け合い等。 4.音楽が映像の一部になる。 音でもって映像を想像させたり、映像との掛け合い等。 それら4つを順番に行ったり、切り替えたりしていき、最終的にそれらは混合します。


梅本佑利