Barocco Machine (2019) for Cello


July 21, 2019, Tokyo, Marsharin Hall

Barocco Machine (2019) for Cello [World Premiere]

 Performed by Soshi Hara (cello)

 

September 2, 2020,Tokyo Opera City, Oumi-Gakudou

 Performed by Kei Yamazawa (cello)

 

"Mind Tree Vol.6" Tokyo Concerts Lab. on 21th of October 2020

 

2019年7月21日(日)マルシャリンホール

バロッコ・マシーン (2019) - チェロのための [世界初演]

初演︰原宗史(チェロ)

 

2020年9月2日、東京オペラシティ・近江楽堂

山澤慧、再演

 

2020年10月21日、東京コンサーツラボ

山澤慧、再演

2019 © Yuri Umemoto
2019 © Yuri Umemoto

Barocco Machine for Cello (2019)

バロッコ・マシーン (2019) - チェロのための 

 

私は以前から弦楽器の機械(マシーン)的な運弓に関心を持っており、その機械的運動にフォーカスした曲を書こうと思っていた。内に秘めた精密さと回転運動。そして、繰り返される一種のミニマリズムも感じさせる弓の動きと、「無伴奏チェロ」から感じられた「バロック音楽」に接続する機械(マシーン)として、この曲の後に続けて、バッハの無伴奏チェロ組曲第一番を演奏することを推奨する。勿論、この曲単体での演奏でも良い。

 

ハーモニクス(倍音)の現代的な奏法に昔からあるチェロの一般的な奏法によるH音が時々割り込む形で迫り合い、最後はト長調の主和音が鳴らされ、そのH音はまたもサーキュラーボウイングによる「回転運動」によって倍音との間をさまよう。