作曲家、近藤浩平 氏よりコメント

始まってすぐに、この曲の音の世界での音の必然性の文脈に、聴く人を引っ張り込む。何かを避けているとか、何かをデフォルメしているという20世紀的中盤的な前世代の音をタブーにして回避する作曲法イデオロギー的な作り方ではなく、20世紀末から21世紀初頭の、いろいろな音楽の記憶をつぎはぎする多様式やコラージュでもなく、20世紀の技法、奏法を全部私はマスターしました的な技法カタログ開陳意識からも自由。

彼の中で溶け合い新しい個性の音楽の身振りになっている。


- 近藤浩平(作曲家)